スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月10日/屍ファッションショーレポ3

打ち消し文レポ最終回になります。

前回までは3ブランドのショーの様子をご覧頂きました。
少し変わったファッションショーにしたかった為、
モデルさんのウォーキングの後、寸劇を致しました。

その様子をちょこっと公開。。。


出演者
・収集家(患者)/沙羅(沙羅さん)
・三人の少女
 藻羅(鳴初 真己さん)、吉野(あばらさん)、絢子(kurue)さん

舞台
・空想上の精神病院

ストーリー/台本
・沙羅、病院内にある庭でコレクションのひとつである、人形の首を
 眺めている。
harrem・ce屍-sikabane-6

 ↓
 そこへ、三人の少女が現れ、楽しそうに遊んでいる。
 沙羅は三人をじっど見つめる。少女達その場から去る。
harrem・ce屍-sikabane-7

 ↓
 (舞台かわり病院の一室。三つの椅子が置いてある。)
 沙羅が立っている。
 そこへ藻羅登場。沙羅に椅子の前で首を絞められ死亡。椅子に座らされ、ヴェールを被せられる。
harrem・ce屍-sikabane-8

 ↓
 吉野登場。
 同様に首を絞められ死亡。椅子に座らされ、ヴェールを被せられる。
harrem・ce屍-sikabane-9

harrem・ce屍-sikabane-10

 ↓
 絢子登場。(彼女は沙羅が一番お気に入りの子の設定。)
 沙羅に毒を盛られ死亡。真ん中の椅子に座らされ、ヴェールを被せられる。
harrem・ce屍-sikabane-11

 ↓ 
 沙羅、絢子をの頭を撫でて愛でる。
 絢子の口に残っていた毒を口移しで飲み、その場に倒れ死亡。
harrem・ce屍-sikabane-12


 ↓
 舞台周りのカーテンを閉める。
 終幕。出演者退場する。 


・三人の少女の関係
 院内の仲良し三人組

・三人と沙羅の関係
 院内で時々出会うのみ。
 沙羅が一方的に三人を気に入っている。三人のほうは、沙羅を覚えているかさえ怪しい程度の認識。
 特に、沙羅は絢子を可愛く思っている。

・キャラクター設定(簡易)
 沙羅/24歳。
   美しいものに執着するあまり、収集の為には手段を選ばない。
   過度の収集癖の為、強制入院させられた。
   同性愛の傾向がある。絢子は理想そのものだった。

 絢子/17歳。
   文豪を父にもつ。裕福な家の一人娘。
   病弱で過保護に育つが、それが本人にとって辛い経験だった。
   吉野と同性同士の恋におちるも、彼女を陥れようとする者に
   それを利用され、気狂いとされ病院に隔離された。
   次第に本当に気を病んでしまう。
 
 吉野/16歳。
   絢子と同じ学校に通う。絢子との出会いは美術室。
   彼女を追いかけ病を演じ入院。
   守るように絢子を愛する。

 藻羅/16歳。
   相手をしてくれる大人が居ない幼少期を過ごす。(父母含め。)
   その為、心を閉ざしたまま成長する。
   同世代の少女としか交流しない。
   自分を顧みない父母に対する感情は、次第に憎悪となり
   遂には発作的に二人を殺傷。
   精神が病んでいると鑑定され、病院に連れて来られた。
          
 
 
・・・といった内容でした。
簡単ですが物語を作ったのですが、矛盾が多かったり、曖昧な設定であったりと、
出演者さまは大変だったのではないかと(汗)。

しかし立派に演じて下さり・・・有難うございました。


拙いながら、愛着のある物語、キャラクターなので、
違う形でなにか作れたらなと思ったりします。

機会があれば。




長くなりましたが、屍ショーレポはこれにて終いです。
関係者様、スタッフ様、会場スタッフ様、そしてお客様、
ブログを見て下さった皆様。

有難うございました!


photo/慎様
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

見ている側はとても解りやすかったです
一人ずつ殺害し自分も亡くなって停止した空間が不思議な空気があり また緊張感の様なモノも感じました
プロフィール

harrem・ce

Author:harrem・ce
インディーズブラントharrem・ceです。
「お心を癒せるような
作品をを皆様へお届けする」
をコンセプトに、
ハンドメイドで、
お洋服やアクセサリーを
心を込めて制作しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。